ちょっと脱毛の話とか。私は体毛が濃いわけではなく、どちらかというと薄いほうに入ると思います。そのため、これまでムダ毛に悩んだことはほとんどありません。しかし、ムダ毛が気になる瞬間がないわけではありません。

ムダ毛がほとんどない私ですが、なぜか腕とかひじ下だけはムダ毛が濃いのです。他の部分はほとんど毛が生えていないにもかかわらず脛だけムダ毛が生えています。

局所的にムダ毛が濃いので、服を脱ぐと少し恥ずかしいです。加えて、医療機関などで腕だけを見せることになると毛深いと思われるのではないかと恥ずかしい気分になってしまいます。

もちろん、お仕事で診ている方たちがそのように思わないことはわかっているのですが、毛深いと思われたらどうしよう。自分は毛深くはないのだ。という気持ちになってしまうのです。だから腕の脱毛をエステとかに通ってみようかな、と思索したりしてたりはするんですが・・・。

本当に毛深い方からすると些細な悩みだということはわかっています。普段は気にすることがほとんどないのですから当然ですよね。ですが、限られた場面だけ、毛深いことで悩んでいる方の気持ちがわかるのです。

日本では毛深いことが良しとされていないので、なぜだか恥ずかしい気持ちになってしまいます。ムダ毛が多いということは立派な悩みになるのだと改めて思わされてしまいます。

私は寮に住んでいたことがあって、友人同士でダイエットをしていました。
お互いにダイエットしていることもあって、夜食を食べたいのを我慢したり
励まし合ったりと楽しくダイエットしていたのですが
その中でもとってもストイックだった友人はダイエットに挑戦して
失敗してしまったのです。

その友人は断食をしてダイエットしていました。私達がいくら食べなといっても
心配になるくらいまったく食事を口にしなかったのです。
みんなで食べる昼食や夕食時は食堂に来ますがほぼ手を付けず
お茶やスープを飲んで終了。本人はいたって普通で、食事をとらないけど
みんなでおしゃべりがしたいからという理由で私達の食事を見守っていました。

お風呂もみんなで入るのですが友人はみるみる痩せていきます。
聞くと2カ月で5キロやせたそうです。その時は本当にうらやましいと思いましたが
彼女がやっているのは断食。私には耐えられないと思いました。
その後も彼女は痩せていき、とっても綺麗になってみんなで卒業しました。

卒業後に久しぶりにみんなで再会することがあり、ダイエットに成功した彼女にも
会うことになったのですが、なんと彼女はリバウンドしていて
痩せる前の体重よりもさらに大きくなっていたのです。

どうしたのと聞くと、仕事が忙しくストレスが溜まって食べてしまったと。
元々のダイエットが断食なので筋肉が落ち、基礎代謝もおちてしまったので
食べた分増えるような感覚が続いているそうです。
楽なダイエットはないのですが、元に戻るのは簡単なんだなと感じました。

私は、太り気味な体質です。だから油断するとすぐに体にお肉がつき体重が増えます。

ダイエットも、いろいろしました。

りんごダイエットというものをしました。朝と昼は普通に食べて、夜だけりんごにすると言うものです。友達はこれで5キロ体重が減ったというので私も試しました。すごく痩せてて、きれいになっていました。5キロ痩せると顔まで、すごく細くなっているように見えました。

早速私も試してみました。朝と昼は普通に食べれるので、続きそうだなと思いました。

朝食は、食パンとか菓子パンとかをコーヒーと食べていました。。お昼は会社勤めなので、会社の人とたちと、お弁当買って食べたり、たまに外で、食べたりしました。

家族と一緒に住んでいるので、夕飯の時、母親がりんごだけだったら、とても心配していろいろ食べさせようとするのです。それがとても困りました。

私はダイエットをしているということを言いました。親は私の体のことを心配しているので、りんごだけの夕飯を凄く反対しました。それに、母親が作った夕飯を食べれないというのは、少し、寂しい気持ちになりました。

みんな美味しそうな夕飯を食べているのに、だんだん私も食べたいという気になりました。それで、母親の提案で、夕飯ではなく朝食を、りんごだけにすることに決めました。

それだったら続きそうだなって思ったからです。しかし、昼と夜を普通に食べるので、全然体重が減りませんでした。

夕飯にりんごを取る事で、体重が減るだと思いました。しかし家族と住んでいる私は、夕飯にリンゴと言うのは続かず、失敗しました。

知人女性のダイエットエピソードですが、いろんなダイエットにチャレンジしたお話を紹介します。

肌の露出が増える春から夏にかけて、ダイエットを開始したようで、炭水化物を抜いたり、フルーツだけを食したり、ランニングやウォーキングの運動など、痩せるためのチャレンジは、いろいろと行動として実行した訳ですが、結果的には失敗に終わったそうです。

劇的に痩せたといった印象はありませんでしたが、ダイエット開始してからは5kg体重が落ちたそうですが、そこから体重が停滞し続け、ダイエットの効果が止まったストレスから、スイーツやお菓子といった甘いものに手が出始めて、結局は体重が元に戻ってしまったそうです。

頭では、甘いものはダイエット中には控えたいと分かっていても、ついつい食べてしまったと言っていましたので、無理に食事を抜いたりしていたのも原因かもと自己分析していました。

確かに、食事を抜くことはダイエットには悪影響を与えるだけで、3食きちんと食事をとることが、ダイエットの近道だと聞いたことがありますので、知人女性は、それとは真逆のことをやっていたのかもしれません。

仕事が忙しく、富移民時間が短い不規則な生活を送っていたことも、ダイエット効果がなかったことの要因の一つだと言ってました。

仕事の忙しさで、食事もままならない状態で、痩せていくという人もいますが、健康的な痩せ方ではありませんので、疲れていても、健康的な食事と適度な運動をすることで、少しずつ体重を落とすのがいいのではとアドバイスをしました。

無理なダイエットは、かえってリバウンドしてしまうだけだったというのを最後に言っていましたので、次にチャレンジする時は、無理しない程度にチャレンジすると言ってました。